BMW C1純正トップケースの補修レポート

2023年10月に承ったBMW C1(Family’s friend)整備に関連して、ガイドが破損したBMW純正トップケースの補修を実施いたしました。今回は、その整備事例についてご紹介いたします。


すでにご存知の方には説明するまでもありませんが、C1の後部には、いくつかのキャリング・ツールを簡単に取り替えできる機能が装備されています。
*キャリング・ツールはオプション扱いです。

例えばタンデム用にパッセンジャー・シートを装着したり、ニーズに合わせてリヤキャリアやトップケースを選んで装着できるように工夫されています。それらのツールの中でもトップケースは収納容積が大きく積載能力の高くないC1にはもってこいのアイテムで、当店で人気の高いツールの一つです。しかしトップケースは残念なことにBMWからの製品供給が途絶えており、補修部品も含めて入手困難な状況が続いております。
*BMWには、せめて補修パーツだけでも供給を再開していただきたいと強く要望します*


今回のご相談は「トップケースのガイド部分が左右とも破損してしまい、C1にトップケースを固定することが不可となってしまって困っている、なんとかならないか?」という内容です。本来であれば補修部品でトップケースの底部のみ交換すれば処置完了となるのですが、前述のとおり、BMWからのパーツ供給が停止されておりますので何か別の方法で補修を施さなければなりません。

私のアイデアとしては金属のパネルを加工して、折れてしまったガイドに代わる突起をこしらえたらどうかと。その突起を加工したパネルをトップケースの底面に取り付けようと考案いたしました。


まず、浮かんだアイデアをもとにして薄いアルミ板でガイドパネルの型取りをしました。
型取りをした板を基にして4.5mm厚のアルミ板を加工しました(白い板状の金具を考案・試作)。
破損した元のガイドはそれなりに厚み(高さ)があります。ガイド役の金属パネルだけではC1と嵌合する際に発生する隙間を埋められませんので写真のようにラバー(ゴム足)を駆使してガイドと同等のテンションを得ようと考えました。
トップケースの底面に加工したガイドパネルを平行に取り付けようとすると段差が発生します。そこに切り出したアルミの角材を配してトップケースの底面とガイドパネルを共締めしました。
最も気をつけた点は、トップケースをロックする機構を基準にしてガイドパネルの突き出し量を最適値に決めることでした。このようにトップケースにガイドパネルを取り付けて完成しました。耐腐食性を考慮して部材はアルミ材A5052とステンレスボルトを使用しております。

現在、このように補修を施してオーナー様の元で実際にご使用いただいております。
オーナー様から「走行していてもしっかり固定できており一先ず安心した」とのファーストインプレッションをいただきました。
今後、何か不具合が発生する可能性はゼロではありませんが、末永くご愛用いただけるよう随時改善処置を施して参ります。
【整備参考費用】
BMW C1純正トップケース装着ガイド補修パネルのワンオフ制作及び取付け加工費
税別¥30,000
*トップケースの送料などは別途必要です。
*作業時間 1週間~10日程度
*なお、今回のレポートおよび写真は、オーナー様のご承諾をいただき情報公開させていただきました。


© 2023 KAZ’ Service Factory.

BMW C1 オプション ハンドルグリップヒーターの装着

BMW純正ハンドルグリップヒーターの取り付けをご依頼いただきました。

本来であれば純正ヒーター・パッケージはヒーター付きのシートとグリップパイプそれからダッシュボードにハメ込むヒータースイッチに加えてオプション増設用のハーネスとで一揃えとなります。今回はヒーター付きのグリップパイプとグリップラバーのみの供給ということで限定的にハンドルだけヒーターを装備することでプランを練ることになりました。

メインハーネスに割り込ませるハーネスを作成中

供給されたグリップパイプの抵抗値を測定してみますとどちらも数Ωで断線はなさそうです。ヒーター装備全体の回路を店のC1(ヒーター付き)で調べてみるとグリップパイプには温度調節も無く左右のヒーターをパラレルにして単に12Vを通電しているだけでした。

完成した増設用ハーネスとON/OFFスイッチ

増設用のハーネスがあれば接続は簡単なのですが、困ったことに増設用ハーネスやスイッチはBMWからの供給が止まっています。中古でも!とWebのアチラコチラを探すも時間だけが過ぎていくばかりでした。ならばとメインハーネスから電源供給元のラインを割り出して自前でハーネスを作ることにしました。さらにそのハーネスにスイッチも割り込ませてON/OFFしてもらおうとプランを立ててみました。

ヒーター付きグリップの劣化対策

ところで、この年代(2000年前後)の純正ヒーター付きハンドルグリップはC1に限らず、他のモデルでも同様にグリップラバーの厚みが薄く短期間でラバー表面に亀裂が入り易くて徐々に裂けてくることが当たり前になっています。同様の現象に悩まれているBMWオーナーもおられるのではないでしょうか?もうひとつ、この短命のグリップラバーはBMWに補修パーツとして登録が無く安易に入手し難いパーツの一つとなっています。そこで当店では劣化対策としてグリップラバーに熱収縮チューブを被せて強度を補う対策を推奨しています。同様のトラブルで困りの方も一度お試しになられてはいかがでしょうか?オススメです!